2008年11月13日木曜日

豪徳寺散策

豪徳寺散策
豪徳寺散策
豪徳寺散策
11月8日土曜日に豪徳寺へ行って参りました。



小田急豪徳寺駅下車、徒歩10分ぐらいだったと思います。



写真1は参道入口、写真2は井伊直孝の墓、3は井伊直弼の墓です。



この寺は世田谷の領主であった吉良氏が創建した寺院で弘徳院と称していましたが、江戸初期に世田谷領は彦根藩領となり、以来井伊家の菩提寺となりました。雨宿りの逸話の2代直孝が没し、その法号 久昌院殿豪徳天英大居士 にちなみ豪徳寺と改名されました。写真2にはこの法号が刻まれていますが読みとれませんね。



かなり広い敷地が井伊家代々のお墓になっています。一族の墓石やら藩士とその家族の墓石など合計三百あまりの墓基になるそうです。数年前はうっそうと樹木が茂っていて昼でも暗く怖かったそうですが、今はすっかり木が整理され、見通しの良い場所になって居ります。歴代の藩主のお墓が並ぶ中、井伊直弼のお墓だけお花が手向けられていました。写真3が直弼の墓です。3月3日には大勢の人がお参りに行かれるのでしょう。



先月の「大老」をみて、訪れたいと思っていましたので、念願叶ってうれしかったです。皆様も秋色の豪徳寺へお出かけになってみて下さい。