2008年11月6日木曜日

中村富十郎が文化功労者に

そして来年は私の研究会「矢車会」で『勧進帳』と『連獅子』をやらせていただきます。さらに将来の夢として、聖徳太子を讃える演目を、本興行で1つ、それとは別に、新しい演出で一つぜひ実現したいと思っています」と熱く語っていました。(俳優ニュース)

富十郎さんが舞台に出られると、空気が変わります。パァーと明るくなり、舞台が締まります。後輩の役者さんに熱心にご指導なさったり、歌舞伎をこよなく愛していらっしいます。矢車会で弁慶を演じるようです。お若いですね。親子で『連獅子』を踊るのは最高の幸せでしょう。ますますお元気でご活躍願って居ります。