2008年11月27日木曜日

葵大夫の今月のお役~龍虎

俳優さんは坂東流の重鎮の先生方が振付に見え、10三津五郎丈も舞台稽古、また初日が明いて数日後、ご自身の巡業の合間を縫って指導に見えました。こちらも後見の方のお仕事がたいへんで、着せ替え・引き抜き・企業秘密の○○などを曲の制約された中でこなされます。開幕前、龍虎のお二人が舞台からセリに乗って、奈落で待機なさいますが、それを送り出す後見のお弟子さんが合掌されます。師匠の無事・後見の仕事の完遂…なにをお祈りかご心中はわかりませんが、「思い」が伝わってまいります。(今月のお役)

大変興味深いお話です。文楽でも演奏されたこと、三味線の調子がかなりこみ入っていること等詳しく紹介して頂き、有難いです。



動きが激しく見ている私たちでも、怪我がないようにと思います。まして後見の方は祈らずにはいられないのでしよう。



迫力ある竹本の演奏で舞台が盛り上がったと思います。