2008年12月11日木曜日

渡辺保の劇評 2008年12月

以上五点。そのいずれにおいても、三津五郎の「道成寺」は「道成寺」の原点に戻って本格を守ったという点で、今日第一の「道成寺」であった。 (2008年12月歌舞伎座)

今月の評は殆ど三津五郎の「道成寺」についてであります。それほど感動したのでしょう。私は来週観劇予定、非常に楽しみです。