2008年12月18日木曜日

いがみの権太で三役達成!

また「千本桜」では、すでに狐忠信、知盛を演じた海老蔵だが、今回いがみの権太を演じることで、『立役の卒業論文』といわれる三役を演じ切ることになる。「このような大きな役を若いうちに経験しておきたかった。『千本桜』を通して演じられる役者になりたいと思っていたので、うれしいです」(東京新聞:<歌舞伎>海老蔵と獅童 新橋演舞場『初春花形歌舞伎』で共演 『七つ面』72年ぶり復活:伝統芸能(TOKYO Web))

『立役の卒業論文』ー3役を経験することは大変ラッキーですが、これからが大変!繰り返し演じて、どの役もよい成績を残して下さい。



歌舞伎十八番の復活も、大いに期待しています。成田屋の芸を積極的に演じていこうという彼の信念は不動のようです。