2008年12月3日水曜日

50年ぶり『遠山桜天保日記』復活上演

酒宴を開く「行形亭」の場は、新潟の市山流に教えを受け、「新潟おけさ」「相川音頭」を本場仕込みの振り付けで踊る。「その相川音頭の踊り手が一瞬、捕り手に早変わりして激しい立ち回りになります」(<a href="http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK2008112902000212.html">東京新聞:<歌舞伎>50年ぶり『遠山桜天保日記』“復活上演” 尾上菊五郎 桜吹雪あらわに 痛快大立ち回り:伝統芸能(TOKYO Web)</a>)

明日初日を向かえる国立劇場の遠山の金さん、相変わらず音羽屋の面白い趣向盛り沢山のようです。