2009年6月3日水曜日

「十二夜」凱旋公演

 「これまではやるせない恋心を描いた女踊りでしたが、原作を読むと、ここはもっと積極的。何で私の魅力に気付いてくれないの、というふうに変えてみました。あまり具体的だと、パントマイムになるので、ゆっくりと丁寧に演じたところ、現地の劇評で『踊りは舞台に弾みを付けた』と評価してもらえた」(東京新聞:<歌舞伎>尾上菊之助 “里帰り”で進化 作品の深み増す:伝統芸能(TOKYO Web))

今までの三幕を二幕にし、踊りも変えての上演になるようです。