2009年6月8日月曜日

梅玉「蝶の道行」助国への抱負語る

武智演出の通し上演は“復活”以来なく、「踊りに至る経過も分かるし、機会があれば通しで演じたいですね。この舞踊も、歌舞伎の財産としてこれからも演じていきたいと思う。後輩にはまだ渡さないつもりです」。(東京新聞:<歌舞伎>異色の舞踊『蝶の道行』 歌舞伎座6月公演 10年ぶり助国 中村梅玉:伝統芸能(TOKYO Web))

武智・川口による舞踊公演が毎年のように行われていました。私も何回か見に行ったことがあります。新作舞踊の難しさを感じましたが、武智独特のカラーで面白かったです。「蝶の道行」はそんな中でも、古典的であり、近代的でもある、すぐれた作品です。後半地獄の攻めのところは、先月の「鴛鴦」に似ていると思います。暗転の中、蛍光塗料の塗ってある蝶の差し金が男女の切ない様を表す重要な役目を果たします。注目して下さい。



私事ですが、この助国を佐汐さんの小槙で一緒におさらい会で踊ったことがあります。義太夫の地で踊るのは、とても気持ち良かったです。お師匠さんが取り物といって、川口さんの所に行って教わってきて移して頂いたものです。幕切れ重なるように死んでいく振りがついていまして、十代の私たちには恥ずかしくて、何度もお師匠さんに、好き合っているように見えないと叱られました。今回は大変楽しみにしております。


川口小枝さんは当時学生(高校生か大学生か?)で試験の時はケーキをお皿に沢山のせて、勉強しながら全部食べてしまう!とか記事で読みました。お母さんとは違って丸かったので納得でした。