2009年7月13日月曜日

河村常雄の劇評 2009年7月歌舞伎座

2人は鏡花の耽美性を最大限に生かし、公子と美女、富姫と図書之助の純粋な愛で異界と人間界を融合させるエネルギーを放ち、鏡花の耽美的世界を現出させている。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

泉鏡花の作品を玉三郎はすっかり歌舞伎にしてしまった。海老蔵という好相手を得て二人が作るステキな世界を描き、観客を魅惑の空間へと誘うのです。鏡花の耽美的世界にどっぷりと浸かってみましょう。