2009年7月24日金曜日

歌舞伎版と漫画版の五右衛門

今月30日発売の35号に第1話が掲載される。歌舞伎を題材にした漫画はこれまでにもいくつかあるが、同じ原作を題材に同時期に歌舞伎と漫画で展開されるのは初めて。  



歌舞伎と漫画のコラボに海老蔵は「海外も認めている日本の漫画と歌舞伎が融合できれば面白いものになるという思いを持っていました。その思いがどのような漫画となるのか、歌舞伎版との違いなど非常に楽しみにしています」。歌舞伎版と漫画版では五右衛門の描き方なども大きく違う。原作の樹林氏は「舞台を見た後で漫画を読んでいただくと、違いに驚かれるかもしれませんが、どちらもきっと面白いものになりますよ」と自信をみせている。 (asahi.com(朝日新聞社):海老さま五右衛門が漫画に、舞台と同時期 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 映画・音楽・芸能)

大概は、本で話題になったのを舞台化するというケースが多いと思いますが、同時に展開するのはめずらしいことでしょう。歌舞伎版と漫画版では五右衛門の描き方が違うそうです。しかし、マンガの五右衛門も海老蔵モデルに描かれるそうなので、イメージは同じになりそう!