2009年7月24日金曜日

上村以和於の今月のお奨め

もちろんまだ幼さの残る花なら莟だが、しかしいまそのときにしかない美しさという意味でなら、梅枝のこの踊りは極上品である。その清楚さ。文字通りの意味でのORTHODOXYの持つ端正の美。それを守り通す意志の勁さ。幕切れの余韻の美しさに至っては、いま既に、どこの誰と比べてもヒケを取るまい。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)

上村氏も梅枝の「藤娘」を絶賛!