2009年10月26日月曜日

11月演舞場 花形歌舞伎

「歌舞伎は新しいものを何でものみ込む。懐が深い。だから何をやっても歌舞伎になる」。そして「僕がこれからやることが、澤瀉屋(おもだかや)の伝統になっていく」とも。猿之助譲りの進取の気性に満ちあふれる。(東京新聞:<歌舞伎>11月の東京・新橋演舞場:伝統芸能(TOKYO Web))

若手五人が競い合う11月の演舞場は見逃せません。唯一上方の愛之助と亀治郎のコメントがのっています。



関西の役者で黙阿弥ができる仁左衛門の芸風を受け継ぐ愛之助です。お坊吉三をすっきりと演じてくれるでしょう。



猿之助からテープを渡され澤瀉屋型の「紅葉狩」を初役で踊る亀治郎。迫力ある舞台が期待できます。



ブログ アーカイブ