2009年10月26日月曜日

上村以和於の今月の舞台~2009年10月

坂田藤十郎の『河庄』、当代菊吉の『千本桜』と並ぶと今さら劇評でもあるまいという感じにもなるが、吉右衛門の知盛が岩組みの上に立った時の歌舞伎座の大舞台にピタリとはまる量感とか、『吉野山』で紫の衣裳の菊五郎の忠信がせり上がってきたときの何ともいえない寸法のよさ、などといったものは、いま彼等がそれぞれに、役者としての完熟の時節にいることを改めて思わないわけには行かない。やはり、彼等の「いま」を見ておくべきなのである。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)

私も今月の歌舞伎座、国立と見終わって同じような印象を持ちました。吉右衛門の知盛の大きな演技、心に染みいるセリフのうまさ、加えて富十郎の義経、段四郎の弁慶、初役の玉三郎の典侍の局と申し分のない配役で見応えある舞台でした。とかく吉右衛門の知盛ばかりが話題になっていますが、菊五郎の忠信も優劣付けがたい良い出来でした。『吉野山』ではもう演技しなくてもぴったりと踊れるほど、身体にたたきこまれていますし、「芸」にこれほど色気を感じる人もいません。菊之助の静は花道七三で踊っている時に、梅幸に良く似た風情でびっくりしました。「四の切」では本物の忠信の立派なこと申し分なし、狐になってからも柔らかい暖かい身のこなしで親への情愛が際だっていました。

彼等の「いま」を見ておくべきなのである

正に、今の舞台をじっくり観ておこう、という思いです。