2009年11月10日火曜日

渡辺保の劇評 2009年11月新橋演舞場

この三人は上等な規格品、菊五郎、幸四郎、団十郎、あるいは仁左衛門、玉三郎から、この三人にバトンが渡ったことがわかる出来である。(2009年11月新橋演舞場)

私は昼夜これから観劇予定なので、コメントできませんが、今回の三人がしっかりとこの狂言を伝えていってくれるだろうと思います。