2009年11月10日火曜日

渡辺保の劇評 2009年11月歌舞伎座

こういう状況にからんで芝居をしていって、それが自然な形になっていかにもキレイに見えるのは、芸が自由な心境に達したからこそのことである。 (2009年11月歌舞伎座)

菊五郎自身が言っていましたが、大先輩の教えを受け、それも何人かの型なりアドバイスに忠実に演じてきて、今は自分なりの解釈で自由に演じられる、そうなると勘平は面白い。この心境が正に今月実を結んだのだと思います。



昼の部はこれからですが、勘三郎の判官、富十郎の師直、魁春の顔世が良いとのこと、楽しみです。