2009年12月8日火曜日

渡辺保の劇評 2009年12月 歌舞伎座昼の部

勘三郎、三津五郎、二人ともに今が盛りの芸の花。これが昼の部四本の演目の中で、唯一の見ものである。(2009年12月歌舞伎座昼の部)

「身替座禅」はいろんな組み合わせで見ますが、やはり二人の技量、バランスが合わないと面白くありません。今回のコンビはそういう意味でも最高だと思います。



ブログ アーカイブ