2010年4月24日土曜日

プレミアムシアター 24日BShi 

プレミアムシアター(演劇) 新歌舞伎「頼朝の死」「一休禅師」「修禅寺物語」(NHK 番組表)
昨年12月国立大劇場で公演された新歌舞伎三題が放映されます。
再放送 NHK衛星第2 5月3日(月)午前0時40分~午前3時57分(5/2深夜)

2010年4月23日金曜日

第22回伝統芸能サロン 文楽のあゆみと魅力 5月22日

第22回伝統芸能サロン 文楽のあゆみと魅力  

展示関連講座として、文楽研究家の高木浩志氏に、文楽の進歩と変遷について、より詳しいお話を伺います。 また、三業(太夫・三味線・人形)の芸の楽しみ方、作品を理解するための時代背景など、文楽鑑賞の秘訣もお話いただきます。 (第22回伝統芸能サロン 文楽のあゆみと魅力|日本芸術文化振興会)
文楽に興味ある方、文楽鑑賞の秘訣等お話頂けるのでお出かけお奨め致します。

七月大歌舞伎 2010年7月大阪松竹座

関西・歌舞伎を愛する会 結成三十周年記念
七月大歌舞伎(歌舞伎美人(かぶきびと) | 七月大歌舞伎の演目と配役)
結成三十周年記念の公演です。発足当初はいろいろご苦労があったと思いますが、今は定着し若い役者も育ち、うれしいことです。

赤坂大歌舞伎 2010年7月

赤坂大歌舞伎

2010年7月12日(月)~2010年7月29日(木) (赤坂ACTシアター - 公演情報|TBS)
勘三郎他で演目は「文七元結」「鷺娘」

2010年4月15日木曜日

NHK芸術劇場4月30日三津五郎の『六歌仙容彩』他

「舞踊『六歌仙容彩』竹本連中・清元連中・長唄囃子連中」(【放送内容】古典芸能 | 芸術劇場 | NHK教育 毎週金曜日 23時00分から25時15分)
昨年8月の歌舞伎座で全役務めて話題になった「六歌仙」が芸術劇場に登場です。踊りの名手大和屋の魅力たっぷりな舞台を堪能しましょう。他に花柳輔太郎の「悪太郎」。

菊五郎・菊之助の「今月のみどころ」 2010年5月松竹座

玉手御前は、親子ほども年の違う男のもとに後妻として嫁ぎ、こともあろうに義理の息子の俊徳丸に恋をしてしまった、若く美しい女性です(「今月のみどころ」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
團菊祭大阪公演のお役についてみどころが載っています。菊之助は初役ばかり、どんどんいろいろな役に挑戦して、大きくなって欲しいです。中でも玉手御前は大役で期待しています。この説明文にちょっと疑問があります。玉手は高安家に奉公していた時に、既に俊徳丸に恋いしていました。後妻になったことで継母継子の関係になってしまった訳です。ここがラシーヌの「フェードル」と大きく違うところです。梅幸は国立で通しで演じた時、庵室の場は本当に恋する女で演じますと言ってました。十九や二十才(つづやはたち)というので、若く美しい玉手御前にぴったりな菊之助です。とても楽しみです。

河村常雄の劇評 2010年4月歌舞伎座

曽我兄弟と工藤の再会は、富士の巻狩りではなく3年後の新装開場成った歌舞伎座で、というわけだ。若手陣の層の厚さを感じる。三津五郎のかっちりした芸も若手の手本になった。歌舞伎は3年後も安泰に違いない。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
どの幕も豪華配役、好舞台です。私もこの若手花形の勢揃いしたところを見て、三年後の歌舞伎は彼等が中心になって、今に劣らぬ活気溢れる舞台を見せてくれると確信しました。

2010年4月13日火曜日

渡辺保の劇評 2010年4月歌舞伎座第三部

第三部は「歌舞伎座さよなら公演」のとう尾を飾る歌舞伎十八番、豪華版「助六」である。(2010年4月歌舞伎座第三部)
さよなら公演の最後を飾るのにふさわしい、華やかで贅沢な「助六」です。十二代目團十郎の助六は出端の所作に甘さを感じました。男の色気を感じさせる江戸紫の鉢巻きがよく似合います。仁左衛門のくわんぺら門兵衛、三津五郎の福山のかつぎと揃ったところは、何と贅沢な配役だろうとウキウキしてしまいました。玉三郎の揚巻の美しさ、菊五郎の江戸和事の完成品、勘三郎の水を得た通人、敵役でも憎めない左團次の意休、とかくダレがちな長時間の舞台があっという間に終わってしまいました。音と色彩のシンフォニー、大変幸福な一時でした。

渡辺保の劇評 2010年4月歌舞伎座第二部

張るところは張って、リアルさを出すところは出して、芝居を立体的にしていく芸の寸法がいいから芝居が生きているのである。 (2010年4月歌舞伎座第二部)
「三人吉三」が何といっても楽しい。身体に染みた芸の味、とでもいいましょうか、理屈抜きで観ていて楽しい、聞いていて面白い、そんな一幕です。

渡辺保の劇評 2010年4月歌舞伎座第一部

吉右衛門今回の変化は義太夫狂言の寸法、厚味、リアルさを丁寧に
見せたところにその特徴がある。その円熟味はとかく薄味になりつつある歌舞伎の中で一頭地を抜くものであった。(2010年4月歌舞伎座第一部)
義太夫狂言をたっぷり堪能できる充実した一幕です。藤十郎、富十郎も加わりいっそう大舞台になりました。「対面」の登場人物が居並ぶ序幕は役者の確認で終わってしまいますが、花形全員集合のお祭り的気分で、この幕のつとめはよろしいと思います。中村屋親子の「連獅子」は何度も観ていますが、勘三郎の踊りは行書のように流れ、柔らかさが感じられます。

速報!ロンドンの後にローマ公演決定

松竹大歌舞伎 ローマ公演 決定のお知らせ(歌舞伎美人(かぶきびと) | 松竹大歌舞伎 ローマ公演 決定のお知らせ)
イタリアでの公演決定。世界の海老蔵!大活躍です。

2010年4月7日水曜日

八千代座百周年特別舞踊公演

八千代座百周年
坂東玉三郎 特別舞踊公演
坂東玉三郎八千代座二十周年記念
平成22年10月31日(日)~11月14日(日)(歌舞伎美人(かぶきびと) | 坂東玉三郎 特別舞踊公演の演目と配役)
坂東玉三郎八千代座二十周年記念の会。20年ずっとこの小屋を地域の方と一緒に育ててきた玉三郎にとっても感無量でしょう。素晴らしいことです。

2010年4月5日月曜日

文化デジタルライブラリー新規コンテンツ

「能楽編 葵上・隅田川」(文化デジタルライブラリー 新規コンテンツの公開 |日本芸術文化振興会)
文化デジタルライブラリー 新規コンテンツの公開  文化デジタルライブラリーの舞台芸術教材に、「能楽編 葵上・隅田川」と「文楽編 近松門左衛門」を新規コンテンツとして追加しました。
 「能楽編 葵上・隅田川」は、能を代表する曲である「葵上」「隅田川」をとりあげ、それぞれのあらすじ、歴史的背景、見どころなどを、分かりやすく紹介しています。「文楽編 近松門左衛門」は、近松門左衛門の生涯と主な作品について、分かりやすく紹介しています。
 いずれも写真や図版、動画を豊富に用いて、伝統芸能の世界を分かりやすく解説していますので、学校等の教材のみならず、一般のご鑑賞の手引きとしてもご利用下さい。
大変詳しく紹介されています。鑑賞の手引きに是非ご覧になると良いと思います。

3月花形歌舞伎 国立劇場賞

3月花形歌舞伎公演の受賞者

○優秀賞  
坂東 亀三郎
(奴八田平実ハ順喜観・順喜観実ハ加藤正清の演技に対して)

○奨励賞  
中村 芝喜松
(大炊之助妻呉竹の演技に対して)(3月花形歌舞伎公演 国立劇場賞のお知らせ|日本芸術文化振興会)
亀三郎はセリフが良く通る声で分かりやすく目立ちました。ご受賞おめでとうございます。

歌舞伎座閉場式4月30日

歌舞伎座さよなら公演
歌舞伎座 閉場式(歌舞伎美人 | 歌舞伎座 閉場式の演目と配役)
詳細が決まりました。「都風流」は素踊りでしょうか?「道成寺」は段毎に役者が踊り分けるのでしょうか?当日のお楽しみです。

「助六」で打ち出し!

助六は日本一のいい男、揚巻はその男を囲う日本一のいい女。「双方ともそんなプライドを持って演技することが大事では。ツラネなどは今までおとなしかったが、もう少しヤンチャでもいいのかな」(東京新聞:<歌舞伎>市川團十郎 『助六』で有終 4月・歌舞伎座さよなら公演:伝統芸能(TOKYO Web))
3年のお暇となる歌舞伎座のラストを飾るのは成田屋の「助六」。玉三郎の揚巻といい申し分ない配役です。

菊之助の役者のことば 2010年4月

今月の楽屋は、大変、込み合っております(笑)俳優祭のような部屋割りです。いつも先輩方が一人で入ってらっしゃる楽屋も、三人、四人部屋となりました。名題下さんの部屋は、現在の歌舞伎座が建って以来の人数が入っていると聞いております。歌舞伎座建て替え前に床が抜けるんでは…と、笑い話になっております(「菊五郎・菊之助 役者のことば」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
客席もお祭り気分なら、楽屋も大賑わいのようです。このコメントで楽屋の様子がよく分かりますね。

菊五郎の役者のことば 2010年4月

お嬢吉三は弁天小僧とよく比べられますが、弁天小僧は題目の通り小僧(男)、お嬢吉三は精神的には女。演じ方、心持ちは全く違います。(「菊五郎・菊之助 役者のことば」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
3月の弁天小僧に引き続き、女に化けて登場し、見顕わされるという点で同じような役のお嬢吉三ですが、全く違うと指摘しています。お坊吉三との関係を思うと納得いきますね。
團十郎の助六に菊五郎の白酒売りという最高のコンビで飾る「助六」は楽しい舞台になることでしょう。

2010年4月2日金曜日

日本の伝統芸能 中村吉右衛門の歌舞伎入門 4月7日(水)

日本の伝統芸能 中村吉右衛門の歌舞伎入門(2)「義太夫狂言の魅力“熊谷陣屋”」(NHK 番組表)
今年は歌舞伎担当が吉右衛門です。今回は初代が極めた熊谷陣屋を取り上げ、義太夫狂言の魅力について解説。吉右衛門は毎年全国の小学校を回り、子供達に歌舞伎を知ってもらおうという活動をしています。ただ芝居を見せるだけではなく、長唄の三味線を実際持ってもらったり、下座の効果音を出してもらったり、子供達が楽しく参加できるよう努力しています。時には校長先生の顔に隈取りを描いてみせる何て言うパフォーマンスも交えます。少しでも多くの地方の人たちに歌舞伎を広めようと務めています。大名代の播磨屋が小学校の体育館で歌舞伎を演じているというのは、実にうれしいことです。

2010年4月1日木曜日

情熱大陸4月4日23:00~ 尾上菊五郎出演

歌舞伎俳優
尾上菊五郎(情熱大陸)
サヨナラ公演でも素晴らしい舞台で魅了されましたが、その菊五郎を追ってのドキュメントです。大変興味ある家族のこと、オフの顔など楽しみです。

芸能花舞台 4月1日本日「峠の万歳」

芸能花舞台 - 舞踊・清元“峠の万歳”、舞踊・大和楽“まつり組曲” -(NHK 番組表)
2月に舞踊協会の公演で見まして、大変良かったのでいつかテレビでやってほしいと思っていました。意外に早く取り上げられうれしいです。本日見られない方は日曜日の再放送でご覧下さい。

六月博多座大歌舞伎 2010年6月 演目と配役

六月博多座大歌舞伎(博多座)
藤十郎・吉右衛門・梅玉・福助・染五郎・松緑他

東京で公演された演目の再演(小野道風青柳硯・鬼平の大川の隠居)を含めて面白い番立てです。夜の部の吉右衛門の毛剃は魅力ですね。

第八回亀治郎の会 京都春秋座

「第八回亀治郎の会~京都公演~」演目発表!!(2010年8月京都春秋座)
「亀治郎の会」が京都に帰ってくる!!
(新着情報 |市川亀治郎#entry-1055)
毎回意欲的な演目構成で好評を得ている「亀治郎の会」が今年は春秋座で行われます。仮チラシもご覧頂けます。

三津五郎の今月のどころ 2010年4月

「助六由縁江戸桜」 福山かつぎ
平成10年、仁左衛門襲名のとき以来2度目です。子供のときから大好きな役で、一度は演じたいと思っていながらなかなか演じる機会がなく(あ~この役はもう演じることなく終わるのだな・・)と思っていたら、40歳を過ぎてやっと演じることができたのがすでに12年前。今回歌舞伎座最後の舞台で50歳を過ぎてこの役を再びやれるのはただただ嬉しく、若返って威勢良く、最後の歌舞伎座の舞台を思う存分楽しみたいと思います。(今月のスケジュール)
今回の為に作られただんまりで、景清の役を昼の部に、そして夜の部では「助六」の福山かつぎを演じます。この役は主役の助六を演じる息子がやることが多いのですが、海老蔵は口上にまわり、大和屋がかつぎの役です。適役!颯爽と若々しい江戸っ子ぶりが堪能できるでしょう。

ブログ アーカイブ