2011年5月18日水曜日

渡辺保の劇評 2011年5月演舞場昼の部

幸四郎は鬘のせいかいささか若輩めいて見えるが東間がまずは本役。五代目幸四郎がたった一度勤めたのに因んでほくろを付けている。(2011年5月新橋演舞場昼の部)
幸四郎二役務める通し狂言。ほくろをつけることで高麗屋を意識しています。