2011年5月18日水曜日

渡辺保の劇評 2011年5月明治座

新七本初演の五代目菊五郎、それを受け継いだ六代目菊五郎から松緑、吉右衛門まで。その歌舞伎の伝統を離れたところに染五郎七之助の自由さ、自然さがあるのだろう。
(2011年5月明治座)

私は松緑・梅幸のが今でも目に焼き付いているので、この脚本は全く別物という認識です。独特の円朝の世界が好きで怪談話も聞きます。あの雰囲気は現代の役者さんには出せないのかな?と思いますが、吉右衛門・芝雀コンビ是非見たいと思います。