2011年9月28日水曜日

渡辺保著「黙阿弥の明治維新」発売

★文庫版『黙阿弥の明治維新』発売中

ー黙阿弥こそが日本の近代演劇の始祖であるー
帯に書いてあります。

追善公演を前に七世尾上梅幸、二世尾上松緑偲ぶ会

歌舞伎美人(かぶきびと) | 菊五郎、松緑、菊之助が語る七世尾上梅幸、二世尾上松緑への思い~十一月新橋演舞場「吉例顔見世大歌舞伎」
私が歌舞伎座に足しげく通っていた頃、、松緑、梅幸は円熟期で良い舞台を見せて頂きました。息子である辰之助、菊之助も成長していき同世代でもあり、いつも応援していました。辰之助の早逝は本当にショックでしたが、現松緑が成長して祖父のお役を手がけて一生懸命演じているのをうれしく思います。菊之助は面影が祖父そっくりで、つい梅幸を思い出してしまいます。今回の追善公演では孫二人が大役を務めます。確実に次代を担う役者に成長しました。音羽屋の芸を立派に守って継承していくことが、一番の供養でしょう。

沢瀉屋一門に春!!

「何をやっても、3代目の枠を超えることはできないと思う。でも、歴代の猿之助で女形の大きな役をやった人はいないので、諸先輩方から教えていただいたその芸を守っていきたい」。現在でも立役、女形にとらわれず演じているだけに、そのスタンスを崩さずに活躍を続けることを誓った。
(4代目猿之助襲名の亀治郎「突然、降ってわいたような話」:芸能:スポーツ報知)


テレビの会見を見てびっくりしました。亀治郎がいずれは猿之助を襲名するであろうことは考えていましたし、香川の息子の役者デビューには後見人として芸を伝えていくのだろうと思っていましたが、まさか香川照之が歌舞伎俳優になって舞台に立つとは想像もしていませんでした。歌舞伎界に活気を与えてくれるのではないかと大いに期待します。来年6月に襲名披露公演が行われますが、襲名狂言は何になるか興味津々です。丸本物は無理でも新歌舞伎なら殆ど可能でしょう。私が想像じた演目は「恩讐の彼方に」です。記者会見で猿之助が言っていたのでもしかして?と思いました。真山青果の「荒川の佐吉」、長谷川伸の「一本刀土俵入」なら亀治郎のお蔦で共演可能!宇野信夫の「じいさんばあさん」も二人で出来ますね。演舞場の舞台で見られる日が待ち遠しいです。

2011年9月25日日曜日

よみうりカルチャー演劇講座 12月文楽

<文楽鑑賞教室公演>
日時:12月5日(月)午前10時
会場:東京・三宅坂、国立劇場小劇場
演目:「曽根崎心中」
講師:桐竹 勘十郎
受講料:会員4,100円、一般4,600円(チケット代含む)
(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

同じく河村常雄の演劇講座ですが、12月は文楽です。講師は桐竹勘十郎で11月の歌舞伎公演と同じ演目の「曽根崎心中」です。連続で観て比較研究するのも良いですね。

よみうりカルチャー観劇入門講座 11月国立劇場

よみうりカルチャーでは12月5日(月)、東京・国立劇場小劇場の文楽鑑賞教室で人形遣いの桐竹勘十郎さんをゲスト講師に迎え、観劇入門講座を開きます。講座を前に勘十郎さんにインタビユーしました。
(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))


中村梅玉を講師に迎え、近松の神話物の世界を紐解きます。インタビューの記事があります。

45周年記念公演のトップバッターは菊劇団の新作「開幕驚奇復讐譚」

<歌舞伎>国立劇場45周年公演 馬琴作品アレンジ 新作「開幕驚奇復讐譚」
(東京新聞:<歌舞伎>国立劇場45周年公演 馬琴作品アレンジ 新作「開幕驚奇復讐譚」:伝統芸能(TOKYO Web))
今回の記念公演は作者を選んでのチョイスです。馬琴作品は珍しいですね。娯楽性に富んだ宙乗りや大立ち回りで会場を湧かせてくれるでしょう。ガガ風の衣装とは?いつも驚かされます!

2011年9月20日火曜日

「知られざる物語 京都1200年の旅」亀治郎出演

10月にスタートするBS朝日の新番組「知られざる物語 京都1200年の旅」
で亀治郎がレギュラー番組で初のナビゲーターを務めます!
(「知られざる物語 京都1200年の旅」(BS朝日)|新着情報 |市川亀治郎)
10月からの新番組、毎週火曜日10:00~彼らしいナビで興味深いですね。

愛之助の義賢

東京新聞:<歌舞伎>愛之助が壮絶「義賢」 前半の肚芸、後半の戸板倒し:伝統芸能(TOKYO Web)
仁左衛門直伝のこのお役は愛之助のベスト5に入る位素晴らしいです。三度目の出来はいかに?楽しみです。

壽初春大歌舞伎 2012年1月 大阪松竹座 演目と配役

歌舞伎美人(かぶきびと) | 壽初春大歌舞伎の演目と配役

お正月の松竹座は團十郎と藤十郎の共演が恒例になりました。「関の扉」はちょっと期待ですね。夜の部は海老蔵の五役、大阪では初めてなのでしょうか?それにしても昼夜出ずっぱり!健康に気をつけて無事勤めて頂きたいです。

2011年9月16日金曜日

チャリティー舞踊公演の収支報告

皆様ご多忙のところ、チャリティー舞踊公演「祈り」に、ご来場いただきまして誠にありがとうございました。
(「ホーム・新着情報」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
私も微力ながら協力させて頂きました。このようにご報告頂くとうれしいものです。
右近さんの「子守」、菊之助さんの「うかれ坊主」と「藤娘」と舞踊三題でした。清元の演奏は延寿太夫さん、親子共演でした。浄瑠璃を語る父と踊る息子とのイキの良さ、良かったです。菊之助の「うかれ坊主」は流石にまだ味はありませんが、身体を使って踊る技は確かで、ことに女の振りの時には瞬時に筋肉が女形へと変わるのは見事でした。「藤娘」はとっくに踊っていてもおかしく無いと思うのですが、菊之助を襲名してから多分東京では初めてだと思います。もちろん六代目の演出です。暗転からぱっと明るくなって正面に現れた娘は梅幸そっくりでした。踊りに品格があり、音頭の時も決して媚びず、節度ある酔態で、これぞ藤娘の本家という感じです。梅幸の「藤娘」は最高でしたが、菊之助はその芸を受け継ぎ、艶やかで綺麗で品の良い申し分のない藤娘です。是非本興業でやって欲しいです。

2011年9月12日月曜日

平成中村座 十一月大歌舞伎 2011年11月平成中村座 演目と配役

歌舞伎美人(かぶきびと) | 平成中村座十一月大歌舞伎の演目と配役

勘三郎はお祭りに沼津の平作。復帰をうれしく思います。

吉例顔見世興行 2011年12月京都南座 演目と配役

歌舞伎美人(かぶきびと) | 吉例顔見世興行の演目と配役

東西の顔ぶれが揃う吉例京都の顔見世の演目と配役が決まりました。

お知らせ

噂佐菊都風 スマートフォン向け
スマートフォンで私のブログが見やすくなりました。ご活用頂ければ幸いです。

2011年9月7日水曜日

河村常雄の劇評 2011年9月新橋演舞場

姿形や仁が異なるだけでなく、血縁関係もない襲名だが、必要なことは播磨屋の芸の継承発展。立役から三枚目まで幅広い芸域を持ち、舞踊にも長けた新又五郎さんに、名跡のさらなる拡充を期待する。
(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

先代又五郎さんのお話が書かれています。往年の舞台が目に浮かびます。私も河村氏と同じ思い、襲名によって更なる進展を期待し、播磨屋の芸を伝えていって欲しいと思います。

渡辺保の劇評 2011年9月 新橋演舞場

三役のなかでは梅王丸が第一の出来である。その凛々たる口跡のよさ、その荒事の勢い、二本隈がその丸顔にピタリと決まっている。元禄見得が腰高で形が悪い一点を除けば、いい梅王丸である。まずは新又五郎の出発に相応しい舞台。
(2011年9月新橋演舞場)

新又五郎の梅王丸が良く、吉右衛門、藤十郎の松王丸、桜丸も素晴らしいという「車引」の舞台は楽しみです。もう一つの「寺子屋」も見ごたえあるようです。吉右衛門を頭に播磨屋の芸が受け継がれていく目出度い門出です。今月は見逃せませんね。

2011年9月6日火曜日

華麗なる技 第一回義太夫節物語の浄化 紀尾井小ホール

■邦楽 華麗なる技 第一回 義太夫節
物語の浄化 「段切れ」の魅力
(紀尾井ホール//コンサート情報 邦楽)

とても面白そうな公演です。残席わずかということです。

2011年9月2日金曜日

御園座建て替え

御園座が、歌舞伎などを公演する劇場「御園座会館」(名古屋市中区)を、地上42階建ての分譲マンションに建て替える方向で検討していることが1日、わかった。劇場は1~4階に入る。6年後の2017年の完成を目指す
(asahi.com(朝日新聞社):御園座新ビル、42階建て高層マンション案 名古屋 - 歌舞伎 - 舞台)

ここも高層ビルになるようです。

早稲田大学演劇講座 9月26日

「七代目市川團十郎の芸と波瀾万丈の生涯」

日時:2011年9月26日(月)14:45~16:15(開場14:00)
会場:早稲田大学大隈記念大講堂
講師:十二代目市川團十郎丈(歌舞伎俳優・早稲田大学特命教授)
聞き手:木村涼(早稲田大学演劇博物館助手)

※入場無料・事前予約不要

来場者が多数予想されるため、開催当日(9月26日)は午前10時~午後2時まで大隈講堂前に設置のテントにて座席番号記載の入場整理券を御一人様1枚ずつ配布いたします。(特定の座席を指定希望することはできませんので、ご容赦ください)
入場整理券を受領後、開場時間の午後2時より講演開始の午後2時45分までに会場内に入場していただくことになりますが座席番号記載済ですので、上記時間(14:00~14:45)内に入場していただければ、座席は確保できます。
会場入口にて入場整理券を確認させていただくこともございますので、ご了承ください。
また、会場(1121席)が満席となった場合、会場地下の大隈小講堂(座席数300席)でもモニターにてご覧いただけるように準備してございますので、ご利用ください。
※入場整理券は講演終了後までお持ちください。紛失された場合は無効となります。
(早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館)

前回の吉右衛門の時も超満員でした。行かれる方はお早めにお出かけ下さい。

河村常雄の劇評 2011年8月新橋演舞場

夏恒例の三部制。新作を含め上演頻度の低い作品が揃い、新鮮な感じのする公演である。
(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

どんなお芝居だか見てみようという気になります。しかし、1ヶ月も過ぎると記憶が遠のき、忘れてしまいそうです。夏ですから重たい狂言よりさらっと後味は爽やかでした。

2011年9月1日木曜日

第38回NHK古典芸能鑑賞会 10月28日

第38回NHK古典芸能鑑賞会
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 第38回NHK古典芸能鑑賞会のお知らせ)

吉野芸能祭 金峯山寺奉納歌舞伎

吉野芸能祭 金峯山寺奉納歌舞伎
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 仁左衛門、孝太郎、千之助が「吉野芸能祭 金峯山寺奉納歌舞伎」に出演)

「藤娘」と「連獅子」。どうせなら「吉野山」が見たいとは思いますが、三代で踊るとなると難しいのでしょうか。

平成中村座 十一月大歌舞伎 演目 2011年11月

平成中村座 十一月大歌舞伎
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 平成中村座十一月大歌舞伎の演目と配役)

吉例顔見世大歌舞伎 演目と配役2011年11月 新橋演舞場

吉例顔見世大歌舞伎
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 吉例顔見世大歌舞伎の演目と配役)

錦秋博多座大歌舞伎 演目と配役 2011年11月 博多座

錦秋博多座大歌舞伎
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 錦秋博多座大歌舞伎の演目と配役)

坂東玉三郎特別舞踊公演 2011年10月 日生劇場

坂東玉三郎特別舞踊公演
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 日生劇場 坂東玉三郎特別舞踊公演の演目と配役)

吉例顔見世 演目と配役 2011年10月 名古屋御園座

吉例顔見世
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 御園座 吉例顔見世の演目と配役)

芸術祭十月花形歌舞伎 演目と配役 2011年10月新橋演舞場

芸術祭十月花形歌舞伎
(歌舞伎美人(かぶきびと) | 新橋演舞場)

ブログ再開

夏休みは終わりました。今日から再開します。八月も演舞場、稚魚の会歌舞伎会合同公演、亀治郎の会、挑むの公演と観劇はいつも通り行きました。あまりの暑さに、PC開くのが億劫で只々さぼっていました。歌舞伎界も海老蔵、勘三郎復帰、新又五郎誕生と活気が戻ってきました。この秋も見逃せません。マイペースではありますが、ブログの更新に励みたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ アーカイブ