2011年12月17日土曜日

渡辺保の劇評 2011年12月日生劇場

今月この劇場では「碁盤忠信」で染五郎、「勧進帳」で海老蔵と三人の飛び六法競演になったが、文句なしに松緑の完勝。飛び六法のお手本ともいうべき見事さである。
(2011年12月日生劇場)
何か卒業試験を受けたような、三人が飛び六法を披露という今月です。渡辺氏の採点では松緑は優秀な成績を収めたことになります。今年1年を振り返っても松緑は確実に成長したと感じます。来年もこの調子でがんばってもらいたいです。海老蔵は上演の前にいろいろ研究し考えるタイプと聞いています。素直に自分の素質を活かした方向で演じたほうが良いのかも知れません。