2011年12月17日土曜日

鷹之資、吉右衛門と「連獅子」で追善

国立劇場で上演中の「元禄忠臣蔵」で鷹之資は本格的な台詞(せりふ)のある役を初めて演じた。座頭の吉右衛門が「変声期前に発声を鍛えねば」との親心で挑ませた。「気が早く切り替えも早い江戸っ子気質に父上の面影を感じる。襲名まで見守りたいと思う」
(asahi.com(朝日新聞社):鷹之資、「連獅子」で追善 - 歌舞伎 - 舞台)
お正月早々に信じられない訃報を聞き、すごくショックでした。あれから来月で1年になります。吉右衛門が言われている“気が早く切り替えも早い江戸っ子気質”を受け継いでいるのはうれしいことです。