2012年2月13日月曜日

尾上松也インタビュー 2012年2月

講演活動がお好きなのですね
(松也)
ご要望があれば、スケジュールさえ合えば、東京近郊に限らずどこにでも参ります。日本人外国人を問わず、歌舞伎にさほど詳しくない方々やご覧になった経験の無い方々にこそ、僕の講演をお聴き頂き、そして歌舞伎に興味を持って頂きたいとの想いがあって、今後もずっと活動を続けて行きたいと願っております。
(尾上松也公式サイト|Onoe Matsuya Official Website)
彼は舞台で演じるだけではなく、講演を積極的にしています。外国人の方にも通訳を通して歌舞伎のことを伝えたい。若いのに、「挑む」という自主公演を毎年開催しています。彼を後援して下さる方は、彼の歌舞伎にかける使命感、夢に応援したいと思って居られるのだと推察します。