2012年2月12日日曜日

文楽2月公演の評

住大夫がその筆頭。第二部の「義経~ すしやの段」切は錦糸の三味線と一体化した義太夫節の豊かさが、聴く者の心を解きほぐし、物語の世界へと誘う。簑助は、恋の喜びが体の中から溢(あふ)れ、初々しい色気がこぼれるお里を表現。この段は本公演の中でも現代の人形浄瑠璃文楽が至り得た境地を示すものであろう。「すしやの段」後を千歳大夫が団七の支えを得て奮闘。弥左衛門の怒りと悲しみ、権太の苦衷を力いっぱい語った。勘十郎の権太は愛嬌(あいきょう)と悲しみを十分に見せる。
(東京新聞:<評>聴衆の心解きほぐす住大夫 国立小劇場「文楽2月公演」:伝統芸能(TOKYO Web))
第二部が流石に人気で、今日の文楽の最高峰とも言うべき素晴らしい舞台です。