2012年3月11日日曜日

幕の内外~「喜撰」

色の世界に出家をとげた高僧
(東京新聞:<幕の内外>江戸の発想力 色の世界に出家する:伝統芸能(TOKYO Web))
毎週連載の幕の内外、今回は「喜撰」が取り上げられています。歌舞伎で踊られるのは清元と長唄の掛合になります。唄い出しは清元で「我が庵は芝居の辰巳常盤町~」これは本歌「我が庵は都の辰巳鹿ぞ住む~」をもじったものです。色っぽい詞章が沢山出てきます。全体には花見時の賑やかな舞台で楽しくなります。この項の終わりに書いてありますが、黒牡丹の意味を初めて知りました。今まで黒い牡丹?ってなんだろうと気になっていました。これでやっと謎が解けてすっきりしました。