2012年3月18日日曜日

河村常雄の劇評  2012年3月平成中村座

「曽我綉侠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)」は男伊達の御所五郎蔵(勘九郎)と剣術指南の星影土右衛門(海老蔵)の対立を描く。平成中村座で初の両花道使用。上手はこの演目だけの仮設である。 満開の桜の廓で五郎蔵一行と土右衛門一行が出会う序幕「五條坂仲之町」が華やかで、しかも清新。海老蔵と勘九郎の渡り台詞に緊迫感がある。
(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
あの小屋での両花道の渡り台詞は、それだけでもステキです。低音の声が小屋いっぱいに響き血が騒ぎます。ライブの良さですね。