2012年3月12日月曜日

犬丸治の劇評 2012年2月新橋演舞場

「土蜘」のように鋭さと陰影が必要な役に勘九郎は独特の輝きを放つ。父と違う芸域で、新たなキャンバスに絵を描く。
(新勘九郎「土蜘」で独特の輝き…二月大歌舞伎(松竹) : 伝統芸 : 舞台・伝統芸 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
新勘九郎の襲名狂言を中心の2月の劇評です。