2012年3月26日月曜日

新装歌舞伎座の回り舞台は深さビル5階分!

役者の舞台感覚を乱さぬため、直径は18.18メートルと旧劇場と同じだが、駆動部分を含めた深さは4倍近い16.45メートル。容積にして4270立方メートルで、国立劇場(東京)を抜き最大となる。松竹梅の3種だったセリには松を上回る「大迫(ぜ)り」を追加。大きなセットもそのまま奈落に収納でき、よりダイナミックな演出、素早い舞台転換が可能だ。(朝日新聞デジタル:回り舞台、深さビル5階分 歌舞伎座新装へ準備中 - 文化)
松を上回る大セリが追加されるようです。写真をみるとすごいです。大道具の技術も高度化されますね。来年の開場がますます楽しみになります。