2012年3月12日月曜日

河村常雄の劇評  2012年3月新橋演舞場

染五郎は、金持ちの横暴を鋭く追及する真山青果の名台詞を丁寧に語り、涙を誘う。観客を泣かせる仁が、この人にはある
(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
染五郎も又新歌舞伎の作品に向いているように感じます。古典で得意な持ち役を確立していって欲しいと思います。