2012年3月27日火曜日

菊五郎、團十郎が語る、大阪松竹座3年目の團菊祭

今回、私達の世代・・・もう年配になってしまいましたが(笑)、その間の世代、倅達の世代という、本当に有難い座組で上演させていただきます。歌舞伎芝居というのはひとつの狂言を、それぞれが各々の役でやるというところに楽しみがあります。バラバラに狂言に出るという形ではないところも團菊祭の魅力、皆が持ちつ持たれつといった形で狂言ができているのは、とても良い事ではないでしょうか。(菊五郎、團十郎が語る大阪松竹座「團菊祭五月大歌舞伎」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
先ず今回の團菊祭の演目と配役を見た時に、なんてバランスの良い座組だろうと思いました。花形、若手公演も良いですが、やはり若手の勉強のためにも同じ舞台に出るというのが望ましいと思います。最近はアンバランスなメンバーでの公演が目立ちます。昔はこういう座組が多く、だんだん上のお役に昇進していくという感じでした。若手が主役を演じる時はさんざん先輩のを見ているので線路を外さずにできました。毎月複数の小屋で歌舞伎が行われるので、こうしたルールが守れなくなっているのでしょう。5月の團菊祭、申し分のない座組での公演です。