2012年3月30日金曜日

KAAT 神奈川芸術劇場 古典芸能ワークショップ 囃子方編

KAAT次世代への古典芸能プロジェクト/古典芸能ワークショップ - KAAT 神奈川芸術劇場(KAAT次世代への古典芸能プロジェクト/古典芸能ワークショップ - KAAT 神奈川芸術劇場)
先日、KAAT神奈川芸術劇場で子供たちに囃子体験レクチャーをさせていただきました。 我々が黒御簾で使用する楽器を10種類ぐらい用意し、そこから選んで作調するという内容です。 歌舞伎の囃子は音楽性と表現力が大切です。打楽器を使って情景や心理をどう表現するか... 最初は難しいからどうなんだろう?と思っていましたが、結構積極的に前へ出て楽器に触れあい表現していました!子供の感性の素晴らしさにびっくりで、大人では考えつかないような工夫を各自考えていました。ピーターパンの世界ではないですが、大人になると忘れがちな感覚を子供たちの持つ感性で教えられたような一日でした!(三響會blog)
先日終了したワークショップですが、とても良い取り組みなので今後のスケジュールに注目したいと思います。
三響會ブログで傳次郎さんもこのワークショップのことを書いて居られましたので合わせてご覧下さい。