2012年5月7日月曜日

渡辺保の劇評 2012年5月 新橋演舞場

五月の演舞場は、愛之助、福助の「女殺油地獄」が昼夜を通して第一の見も のである。(2012年5月新橋演舞場)
愛之助・福助の「女殺油地獄」が一番良いとのことです。夜の部の染五郎も適役、過去の四人のなかでは染五郎が一番戯曲のなかの為朝に合っていると言われています。うれしいですね。若手が真摯に役に取り組んでいる証です。