2012年5月14日月曜日

小玉祥子の劇評 2012年5月 新橋演舞場

染五郎が上で悲劇性、中で力強さ、下ですがすがしさを出した。七之助が白縫姫で透明感のある美しさを見せた。(歌舞伎:五月花形歌舞伎(新橋演舞場) 獅童、染五郎ら花形世代が大役- 毎日jp(毎日新聞))
4月の忠臣蔵も花形若手役者が活躍し、次代の歌舞伎を担う証となったが、今月も引き続き花形世代が大奮闘のようでうれしいです。