2012年5月12日土曜日

第34回伝統芸能サロン「 林家彦六の芸と人 」 林家正雀

第34回伝統芸能サロン「 林家彦六の芸と人 」  
 三遊亭圓朝が完成したといわれ、脈々と受け継がれてきた芝居噺と、噺家が演じる噺家芝居(鹿芝居)。7月20日まで開催の国立演芸場演芸資料展示にちなみ、林家正雀氏をお招きして、芝居噺や林家彦六の芸と人のお話について語っていただきます。
      日 時:  平成24年6月16日(土) 午前11時開演 (午後1時終了予定)
 会 場:  国立劇場伝統芸能情報館  3階レクチャー室 定 員:  先着120名様 入場無料 (午前10時開場)(第34回伝統芸能サロン「 林家彦六の芸と人 」 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
林家正蔵時代、国立劇場落語研究会でいつも聞いていました。弟子の正雀氏は人情噺、芝居噺を継承して、あまり聞いたことのない 噺を語ってくれます。噺家が噺家のお話をすると口座を聞いているような気になるかも知れませんね。