2012年5月16日水曜日

亀治郎、どんな思いで襲名披露の舞台に立つのか合同インタビューで大いに語った

さらに「戦うということは動くこと、常に挑戦すること。ボクで言えば常に自由にやろう、みたいな。演劇のテーマとしては天翔けますけど、役者としてはまだまだ地に足を着けて勉強する」と真面目に語った。(中日スポーツ:4代目 猿之助「重圧一切ない」 襲名間近 市川亀治郎に聞く:芸能・社会(CHUNICHI Web))
いろんな番組に出演していて、どんなインタビューにもストレートに答えている亀治郎を見ていますが、彼は決して自分を見失っていません。地に足を着けて勉強していくと語っています。大変頼もしい魅力ある役者さんです。