2012年5月16日水曜日

御園座建て替え中、歌舞伎公演は名古屋市民会館で実施

経営難に陥っている御園座(名古屋市中区栄)に対し、名古屋市は15日、会館建て替え工事が13〜17年に実施された場合、春と秋の歌舞伎公演用に同市中区金山の市民会館を貸し出す方針を固めた。民間企業に公共施設を長期間貸し出すのは異例で、市幹部は「東海地方の演劇文化を守るため」と説明。市は貸し出し条件として経営再建計画の提出を求める。(御園座:建て替えで市民会館貸し出し…名古屋市が方針- 毎日jp(毎日新聞))
市民会館は歌舞伎公演に必要な回り舞台や花道などの設備が充実しているそうですので、多少客席数は少なくなっても大丈夫です。御園座さよなら公演が終わったらどうなるのか心配していましたが、年に2回の歌舞伎公演は継続されると聞いて安心しました。