2012年5月19日土曜日

河村常雄の劇評 2012年5月 国立劇場前進座公演

圭史は、知的な上人が姫に惑わされ堕落していく過程をうまく見せる。飲めない酒を飲まされ、舞台上でいびきをかいて寝てしまうのは、のどかで面白い演出。呪術を破られて怒り、花道を引っ込む飛び六方は力が入る。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
歌舞伎とは違う演出が面白い。梅之助の休演は心配ですね。