2012年5月8日火曜日

河村常雄の劇評 2012年5月 平成中村座夜の部

超ベテランの菊十郎が肴売り新吉で、威勢のいいカツオの売り声を聞かせた。昔の一本突き抜けた甲高さはないが、この人の「カツオ、カッツオー」を聞くと、江戸の風物詩に出会ったようで、うれしい限り。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
口上に長老小山三が出て客席を湧かせたようです。菊十郎の鰹売りの声がさつきの江戸にタイムスリップしてくれます。