2012年8月5日日曜日

三津五郎の今月のメッセージ 2012年8月

17日には生まれて初めての一人芝居「芭蕉通夜舟」が、紀伊國屋サザンシアターで初日を迎えます。そして22日にはその一人芝居を一日休んで「芸の真髄」公演があり、「楠公」「流星」「喜撰」と三つの踊りを踊ります。どちらも私にとっては大切な舞台、おろそかにはできない稽古が続いております。(坂東三津五郎公式ホームページ)
納涼歌舞伎は20年続いてひと区切り、今年は新たな挑戦!一人芝居楽しみです。