2012年8月10日金曜日

河村常雄の劇評 「ラ・マンチャの男」

1969年の日本初演以来主演し、古希を迎える今公演中に上演1200回を達成する松本幸四郎が、円熟の演技で瑞々しい舞台を作っている。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
完成度の高い舞台のようです。多くの人を感動させ続けていくのは並大抵のことではありません。古稀オメデトウ。