2012年8月22日水曜日

松也、歌のお稽古中!

ミュージカルですから演技の途中で歌が入るのですが、お客様にはすんなり普通の流れと感じて頂かなくてはいけませんね。そのためには、歌詞に含まれる気持ちを重視した上で、それを表現しなければと考えています。でもそれは歌舞伎と同じです。歌舞伎役者は、舞台脇で演奏される義太夫に合わせて振りをしたり、大きく抑揚をつけて台詞を言ったりして、役の気持ちを表現しています。ですから、演技の途中で歌に移行するのには、特に抵抗は感じません。歌舞伎もミュージカルも意識は同じと心がけています。(尾上松也オフィシャルブログ「松也日記」powered by Ameba)

9月17日(月・祝)~10月14日(日)東京、Bunkamuraシアターコクーン、10月19日(金)~22日(月)大阪、森ノ宮ピロティホールで上演される『騒音歌舞伎(ロックミュージカル)ボクの四谷怪談』に尾上松也が出演します。(松也が舞台『ボクの四谷怪談』出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
蜷川幸雄が取り上げるのですから、きっと面白いでしょう。