2012年8月17日金曜日

「桜姫東文章」市蔵の残月・萬次郎の長浦

この二人が面白かったです。三幕目だったと思いますが、花道の引っ込みで下座が「鷺娘」の思い重なる胸の闇~と歌うと、これは下座さん違いますよと言って一転賑やかな演奏になり引っ込んでいきました。こういうテイストが実に面白いのです。
福助と海老蔵の濡れ場を見たら、海老蔵の小猿七之助が見たくなりましたね。いつか演ってほしいです。