2012年8月8日水曜日

松也「挑む」初挑戦の狂言「樋の酒」の太郎冠者

おかげ様をもちまして、「挑む~外伝~」は昨日無事二日間三公演の行程を終えることが出来ました。(尾上松也オフィシャルブログ「松也日記」powered by Ameba)
今回の「挑む」は場所がセルリアンタワー能楽堂ということで、松羽目物の舞踊を取り上げました。又高等学校時代の友人でもある狂言の三宅右矩・近成兄弟と狂言を演じました。正に挑むです。お酒に絡んだお話でとても面白かったです。ブログの写真を見て下さい。後ろに描かれた絵はパンダ!エーっ!いつもは何の絵なのかしら?ちなみに、次郎冠者は鯛の絵でした。もう一人のゲストは七之助さん。彼とも同じ高校のお友達。挑むのメンバーですと、女形の役が左字郎さんがやることが多いのですが、(二人椀久の松山とか源氏店のお富)今回は七之助さんが姫御寮をなさったので、一段と明るくなりました。左字郎さんは大名役で松也さんの太郎冠者とイキもピッタリ盛り上がりました。「素襖落」を能舞台で見るのは初めてですが、何かしっくりしました。ホールと違いお客さんとの距離が近くワキからも見られている訳ですから、演じる方はいつもとは違う緊張を感じるのではないかな!とても楽しい企画で大成功!次回も楽しみです。