2012年8月18日土曜日

白菊丸の香箱の写真

「桜姫東文章」で 発端「稚児ヶ淵」で 心中しようとする 清玄と白菊丸が 未来(生まれかわって)も心が変わらぬようにと、 香箱を取り交わして、それぞれの名を書いて身を投げます。 白菊丸は「清玄」と書いた蓋を持っています。(中村福助オフィシャルブログ「歌舞伎風に吹かれて」Powered by Ameba)
福助さんがブログで紹介しています。柄までは分からないので写真があると確認できてうれしいですね。