2012年10月28日日曜日

11月顔見世大歌舞伎、仁左衛門意気込みを語る

「『引窓』は好きな作品の一つで、濡髪や与兵衛、母親、嫁(元遊女・都)の境地がよく描かれていますが、ここへ至る前の話を出すことで、最後の盛り上がりが変わってきます」(東京新聞:<歌舞伎>仁左衛門 父流で「熊谷」 11月・吉例顔見世大歌舞伎:伝統芸能(TOKYO Web))
熊谷陣屋と双蝶々曲輪日記に出演の仁左衛門が意気込みを語っています。引窓の前が上演されるので大変分かりやすくなり、盛り上がることでしょう。