2012年10月19日金曜日

尾上菊五郎、役者のことば 2012年10月

夜の部は「菊畑」で虎蔵実は牛若丸を演じております。気品と華が必要で、柔らかさを出しつつ中に凛としたものがないといけません。父に教わりましたが、父は女方でしたので何気なく演じていても柔らかい味が自然と出ていました。後は、とにかく「若く!」を心がけて演じております。(「菊五郎・菊之助 役者のことば」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
梅幸の虎蔵、よく見ました。このお役はやはり父譲りでニンですね。