2012年10月16日火曜日

左團次さんの「朝めし自慢」

サライ11月号は付録付きで立読み不可!京都特集だったので購入しました。朝食が紹介されています。病気後はすっかり和食党になって、魚、野菜が中心だそうです。食事は昼兼用の朝食と芝居が終わってから摂る夕食の1日2回。さてご自慢の朝食は、ご飯、ほうれん草の胡麻和え、とろろ芋、鶏そぼろ、梅干し、キムチ、牛肉のしぐれ煮。鶏そぼろは左團次さん自身がつくるそうです。楽屋では青汁を飲み、オレンジゼリーを頂く。「せっかく助けて頂いた命、尽きるまで舞台にたちたい」健康に気をつけていつまでもお元気でいて頂きたいです。