2012年10月15日月曜日

「三響会」傳左衛門、思い入れの強い「供奴」

今回特に思い入れが強いのは「供奴」である。 昔祖父が倒れ、その後復帰したのが、富十郎丈の「供奴」で、 歌舞伎座に観に行った。 その後自分自身が歌舞伎公演に出演するようになり、 富十郎丈には本当にお世話になった。 抜擢もしていただき、お教えも頂戴した。(三響會blog)
鷹之資君が供奴を踊ります。富十郎丈との思い出多いこの曲を傳左衛門さんがお囃子を担当する。ジーンとくる良いお話です。