2012年10月1日月曜日

二つの團十郎展、団十郎「荒事」展と「八代目」展

「荒事の世界」は、千代田区立日比谷図書文化館で11月28日まで。荒事とは、元禄期に人気を博した初代団十郎が創始した、荒々しく豪快な演技を指す。代々の団十郎の持ち味となった。展覧会は、現在の十二代目団十郎(66)が実際に舞台で使った「勧進帳」「鳴神」「暫 しばらく 」などの衣装を展示。役者絵などで歴代の団十郎を紹介するほか、当代団十郎の舞台写真もある。(団十郎「荒事」展と「八代目」展…家芸の奥深さ伝える : 伝統芸 : 舞台・伝統芸 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
日比谷図書文化館 は11月28日まで。

「八代目団十郎展」は早大演劇博物館(新宿区)で今月2日から12月2日まで。江戸時代後期に32歳の若さで団十郎「荒事」展と「八代目」展自死した悲劇の名優をしのぶ。突然の死に、家族が悲嘆に暮れる様子が伝わる書状など、初公開のものも多い。(団十郎「荒事」展と「八代目」展…家芸の奥深さ伝える : 伝統芸 : 舞台・伝統芸 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
『花の役者 八代目市川團十郎の魅力』 講師:十二代目市川團十郎丈(早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館 | イベント案内)
早大演劇博物館は12月2日まで。團十郎による講演があります。