2012年12月27日木曜日

松竹代表取締役社長・迫本淳一氏弔辞

それゆえに、なによりも舞台が好きだった中村屋さんが新しい歌舞伎座の舞台に立つことなく、天に召されるということを、私たちの誰もがいまだに受け入れることができません。  あなたのいない虚しさ、悲しさは言葉になりません。中村屋さん、これからもどうぞわれわれといらしてください。そして、いつまでも愛するご家族を見守ってあげてください。(中村勘三郎さんへ松竹代表取締役社長・迫本淳一氏弔辞…「虚しさ悲しさは言葉になりません」 - 芸能ニュースラウンジ)
平成に入ってからの活躍がよく分かります。